忍者ブログ
2017 . 10||
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    OKA-Gと2199を観て来ました。

    自分も含めて劇場は平均年齢高めの人で占められていましたが、
    ヨボヨボの(と言っては失礼だけど、ホントにそうだった)おじいさんまでもが
    数人来ているのを見ると、歴史の長さと年期を感じずにはいられない気分
    でした。

    本編はPVで感じた通りの良いデキでした。
    沢山のシーンで胸アツにもなりました。
    TVシリーズというよりは、劇場版に近いリメイクって感じかな。
    アレとかアレとか、TV版の名シーンも無かったりしますし。

    声の選択も良く、音楽も文句無し!
    サービス心旺盛で、愛情も伝わってきます。
    この先も楽しみです。





    さて、実は本題はここから。

    以前劇場へ足を運び、例えようも無い敗北感や失望感を味わいながら
    足早に劇場を後にしたという、ある意味思い出深い(不快?)映画、
    「宇宙戦艦ヤマト復活編」
    そのDC版が出たので、予告を観てBDを購入しました。

    本編を見終わって正直驚いた。
    なんでこんなに面白いんだ・・・。

    以前重要だと言った音の事だけではなく、セリフやタイミングの変更、追加の
    シーンのお陰でバラバラだったモノが綺麗に繋がっている。

    そして何より、ヤマトの映画を観てる事に喜びを感じてた。

    驚いたわ~。でもそれ以上に、嬉しかったわ~。
    こういう続編が観たかったんだ。

    勿論基本のストーリーに問題ありまくりだけど、それを含めてもヤマトらしい
    内容と飲み込むことが出来る。

    更に、変更となったラスト。
    賛否もあるだろうが、オイラは断然こちらが好きだ。
    今までボロボロの船を何度も迎え入れてくれた地球の最後を看取る。
    帰る事の出来ない故郷へ向かい、メインエンジンを点火する。

    これまでの全ての作品を思い出しながら、最後のセリフを聞く。

    「地球へ向けて、出発」

    これ以上のラストがあるだろうか。


    よかった。
    本当によかった。

    ● Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Script:Ninja Blog  Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]
    PR
     
    ▼ カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ▼ 最新コメント
    ▼ プロフィール
    HN:
    山下 真守
    HP:
    性別:
    男性
    自己紹介:
    幼い頃に「Dr.スランプ」の模写から
    絵を描き始め、高校生の時に同人誌
    なるモノを知り手を染める。

    週末は主にバイクで出掛けて、写真を
    撮ってます。たまに軽い登山もしたり。

    兄妹モノとブルマ娘に
    めっぽう弱い。

    好きな技:真昇龍拳
    ▼ カウンター
    ▼ アクセス解析