忍者ブログ
2017 . 11||
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    宮城県女川町
    miyagi6.jpg


    miyagi3.jpg

    miyagi.jpg

    miyagi2.jpg

    石巻市住宅地
    miyagi5.jpg

    仙台市内
    miyagi4.jpg

    地震から津波まで40分程あったので、その間に貴重品を取りに戻った人が多く流されてしまった。

    同じ市内でも、被害が少なくライフラインが復旧できている場所とそうでない場所で、温度差が出来て
    しまっている。

    チリ津波を経験したので直ぐに逃げた。知らない人は避難が遅れ、流されてしまった。

    小さな集落は後回しにされてしまうので、瓦礫の撤去もままならない。

    車が流されてしまったので、用事を済ませに離れた街へ行くことが難しい。

    これからは蚊などの虫が心配。

    一部の住宅街や道路は少しの雨で冠水してしまうので、梅雨が心配。

    高台の避難所に逃げたが、防災無線で先に津波が到達した状況を聞いて、更に上に逃げた。
    津波が来た時、元居た避難所は流されてしまった。

    ヘドロの処理が兎に角大変である。

    色々大変だけど、支えあわなきゃね。



    先週1週間、仙台の石巻市へと行ってきました。
    そこの数箇所の避難所で実際に聞いた言葉です。

    仙台市内はすでに普段の状態に戻り、灯りが煌煌とした繁華街は夜中まで賑わっています。
    沿岸部へ向かうと、景色は一変します。
    更に奥へと進むと、電気などのライフラインは一切途切れ、瓦礫の撤去もされないままの所がまだ
    多くあります。

    自分は仕事で向かったワケで、皆さんのお役には立たなかったと思いますが、実際にその目で見れ
    たこと、皆さんの話が聞けた事が大切だと感じました。
    出来ればもう暫く落ち着いたときに、今回出会った方々に再び会いに行きたいと思っています。

    政府より避難所の地図が公開されました。
    これでせめて場所や位置だけでも見てください。報道されているのはごく一部で、まだまだ更に
    厳しい状況の避難所は沢山あります。

    http://ganbare-nihon.jp/downloads/index.html

    個人支援応援サイト
    http://fumbaro.org/

    ● Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ● この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog  Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]
    PR
     
    ▼ カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    ▼ 最新コメント
    ▼ プロフィール
    HN:
    山下 真守
    HP:
    性別:
    男性
    自己紹介:
    幼い頃に「Dr.スランプ」の模写から
    絵を描き始め、高校生の時に同人誌
    なるモノを知り手を染める。

    週末は主にバイクで出掛けて、写真を
    撮ってます。たまに軽い登山もしたり。

    兄妹モノとブルマ娘に
    めっぽう弱い。

    好きな技:真昇龍拳
    ▼ カウンター
    ▼ アクセス解析